記事一覧

2月11日(土)からコマを増やします

2月11日土曜日から毎週土曜日の午後2時から護身武術Axisの練習日増やします。マンツーマンでも遠慮なしに参加して下さい。もちろん、連日参加も歓迎です。但し、参加の場合は事前に連絡お願い致します。平日は練習生のライフスタイルに合わせてフレキシブル対応致します。実際に夜勤などの不規則な職場の方が平日に練習しております。但し、春からは仕事が忙しくなればNGの場合もあります。また、金曜日はAXIS琉武術空手の稽古...

続きを読む

お~~懐かしいっス!

昨日、AXIS琉武術空手の稽古がありました。前蹴上げが上がりやすくなる動的ストレッチ、横蹴りが安定して蹴れるようになれる動的ストレッチ、回し蹴りが高く蹴れるようになれる動的を指導しました。思わず、笑っちゃうくらい蹴れるようになりました。元々、体が固く蹴りが出来ない稽古生もビックリするくらい高く蹴れるようになりました。小4の稽古生も喜んでいました。若い頃、リアルタイムではなかったですが空手バカ一代のレン...

続きを読む

練習も生活も楽しくやる!

例えば、子供に礼儀などを身につけさせたいとの親心で武道を習わせる!でも肝心な子供はやる気ないのに騙されてやった感が抜けず、また、面白さも感じられずにダラダラと月日を重ねます。結果、何も得るものがなかったなど有り得ることです。まあ、大人になれば習い事で嫌なものを続けることはないとは思いますが、しかし、自分を鍛えようとして武道などをやる方も居ると思われます。それも悪いことはないのですが自己にしっかりと...

続きを読む

本日、入門者がありました

本日、体験稽古にいらした40代の男性の方が体験稽古後、正式に入門しました。今の所、練習生で40代の方が多いですね。道場は狭いですが楽しくてやり甲斐のある稽古かと思います。思えば太気拳秋田支部を訳あって離脱してその頃にいた弟子の2人が私に付いてきてくれました。3人からのスタートをしたAxisですが良き練習生に恵まれるようになりました。全てに感謝致します!「力を使わない護身術」「相手を傷つけない護身術」道場だ...

続きを読む

打撲はとても恐ろしいです

施術院のクライアントさんの長年の難聴治療をしていてこの方に関してはあまり結果が出ないので色々調べまくっていて偶然、打撲の恐ろしさを知りました。打撲の怖さはスピードに関係します。打撲するスピードが速ければ後遺症が残り、遅ければ後遺症が残り難いことになります。例えば、風呂場の洗い場で滑って転倒するとします。転倒する際、少しでも準備が出来ればコブで終わる可能性が高いです。子供などは身体が柔軟なのでコブで...

続きを読む

正しい知識を身につけるには

昨今ではメディアの発達により、情報はスマホ1台で取り入れられます。便利になった反面、情報過多と言っていい程の情報量があります。DVD、YouTube、Googleなどで情報は手に入ります。しかし、どれも有効とは言えないと思われます。youtube、ブログなどでは明らかに間違っているものもあります。例えば今の武術や武道のdvdは如何に秘伝を公開しているように見せかけて視聴者に再現出来るかのように作られています。今は少し再...

続きを読む

パンチを見切れない理由とは

格闘技をしている方にも顔面パンチが苦手な方がいると思います。パンチの動作にいちいち、反応してしまう!ペイントに必ず引っ掛かる等です。武術では「遠山の金さん」、、、ではなく、「遠山の目付け」という宮本武蔵の言葉かあります。ボクシングでもうまい方はパンチを見ずにパンチの初動が見える、肩口を見ていると思います。私は練習生に「どこを見ているかわからない」と言われますが遠山の目付けもしておらず、何処も見てな...

続きを読む

膝を少し曲げる

膝を曲げれない方が多いです。特に武術武道初心者の方に顕著に見られます。膝が少し曲がっていないと上半身が前に移動しにくくなります。いわゆる、動き出す初動が「ガックン」となって動き出すことになります。起こりが分かる動きということですね。膝が真っ直ぐな状態は学校で教える「気を付け!」の姿勢です。あれはGHQが日本人の身体能力の高さに驚き、それを封じようとして悪い姿勢を植え付けたのが現在の気を付け!の姿勢で...

続きを読む

無駄な動作を省く身体の使い方

Axisは身体の仕組みを使います。身体の仕組みを自動化で使えるようにします。それが武術の動きそのものであり、人間が1番効率よく動ける方法なのです。そこで無駄を省く方法をお伝え致します。そのキーワードになる一つが「小指」になります。この小指は恋人を示す時に小指を立てますね。なので大事なのです。この小指は腕の動作すべてに関わってくる部位になります。例えば、剣術の手の内で1番重要なのが小指です。日常生活でも親...

続きを読む

肩甲骨と股関節

武術では肩甲骨と股関節の使い方が重点になります。股関節→肩甲骨肩甲骨→股関節と連動させる使い方が重要になります。力みやすい人はたいてい、僧帽筋上部が力んでいます。ここを緩ますのが意外に難しいようです。よく肩甲骨を使うと強い力が出る!と言われていますがそれは間違いです。肩甲骨は力を発揮する部位ではなく、肩甲骨がフリーになることにより、肩甲骨に取り付く筋肉が働くので強い力が発揮出来るようになるのです。な...

続きを読む

プロフィール

スポーティング護身術 AXIS

Author:スポーティング護身術 AXIS
秋田市で武術の理合を活かした護身術を開いております。護身術だけでなく、身体の正しい使い方も学べ、現在、稽古しているスポーツ、武道にも応用出来ます。
私自身、元コテコテの猫背、ストレートネッグ、慢性肩凝り持ちでした。
とても力みやすい体質でした。
色々と長い時間をかけて改善を試みましたがどれも身につきませんでした。
その中で全てを解決してくれたのが武術の理でした。
通常、何十年も掛かる武術武道の秘伝を超短期間で教えます!

通常、歳をとるにつれて体力がなくなり、弱くなります。
だったら、走り込み、筋トレをしなければ強さは維持出来ません。

でも、それを継続するのは大変です。
ですが、武術は逆の発想で力を抜けば抜くほど技が掛かるようになります。
それだと非力な女性も出来るわけです。

カッコいい中年、年寄りとは、若い人に堂々と注意出来る!
内面からの強さだと思います。
そんな人をカッコいいと思います。
私と一緒に達人を目指しませんか!



代表者 藤原 猛

昭和43年生まれ

18歳の時、喧嘩に強くなりたくて当時本部直轄東北本部極真会館真壁道場に入門。
今思えばそうそうたる先生方、先輩、同期の仲間がいました。

約8年間修行する。帯は緑帯止まりの三級。喧嘩に強くなりたくて空手やっているのに型が嫌いで昇級、昇段に興味がなかったです。
地区大会に出るもスタミナ切れで大した上位にはあがれませんでした。2度出ましたがベスト4位だったと思います。


その後、ブランクが有りましたが極真のルールに疑問を持ち、当時、秋田同好会大道塾に入門。

四年で初段取得。約5年間修行する。東北大会ビジネスマンクラスに2回出場して2回共準優勝。これもスタミナ切れでした。ルール的には申し分なかったのですが試合後のオーバーワークに悩まされ、体力がなくては強くなれない!と思い、

偶然、太気拳のポスターを発見し入門。当時、体力のいらない=武術をリサーチしていて合気道に興味を持っており、合気道と太気拳を掛け持ちでやるつもりだったのですが当時の秋田支部長に止められ太気拳一本と決意!

約10年間修行する。そのうち、約3年間、秋田支部長として在任。太気拳四段

現在、太気拳を辞め、平成27年10月に護身武術AXISを立ち上げる。
AXISと言えば、「家庭教師かい!」と突っ込まれそうですが
AXISとは「軸」と言う意味。武術はもちろん、稽古以外の日常生活にも「軸」を持った生き方が反映出来る指導をしたいと思い、AXISと名称致しました。


気功にも精通しており、現在、気功ヒーリング治療ハートofヒーリング院長。
気功、整体、活法を基盤にした治療をしています。
ヒーラー養成、スワーハストレッチ代表。


ちなみに合気道は全く習ったことがありません。
古伝空手は年に数回、セミナーに参加している程度で専門に習ったことがありません。
ですが身体の使い方を知ってしまえば中国武術も日本武術も理は同じです。
効率良く身体を使おうとすれば全て使い方は同じです。


仕事は建築関係を経営しており生計を立てています。
治療院は仕事の合间に行っております。

もっとうは女性に優しく!男性には厳しく!!です 冗談です^_^

カテゴリ