記事一覧

スワイショウの応用2(突き)

[高画質で再生]スワイショウ2[広告] VPS スワイショウでが沈肩墜肘出来れば早い突きが出せるようになります。世間一般では身体を緩ませるための準備運動くらいの認知しかないスワイショウですが健康、養生、病気の改善だけでなく、スワイショウで脱力出来れば上記のような突きパンチが可能になります。筋力、瞬発力では動画以上の突きは不可能かと思います。いくら優れた選手がでも格闘技では必ず起こり(予備動作)が起きます。です...

続きを読む

7月2日、3日練習お休みです

7月2日土曜日7月3日日曜日藤原が東京に稽古に行って来ますのでお休みになります。よろしくお願い致します。■護身術・武術・施設・呼吸法■【護身武術AXIS】中国武術、剣術、古伝空手、合気、古流柔術の技を現代に再現する!《練習日》土・日 午前10:00~12:00                                午後14:00~16:00         ...

続きを読む

姿勢の悪さから起き得る健康への悪影響

武道武術では「姿勢」を重要視します。姿勢が身につけば達人的な技が出来るようになります。でも、姿勢ってそれだけではないんですね。今回は武術の話でなく姿勢と健康に関してを記事にしたいと思います。腰痛、肩凝り、膝痛、手首痛、首痛、肘痛、肩痛の原因は「背骨」から来ています。背骨の歪みは勿論ですが背骨の「緊張」からも各痛みが起きます。背骨の緊張とは脊柱棘突起の変形詰まりも考えられますが緊張の大きな原因として...

続きを読む

浮身

最近、浮身に似た動作を偶然、発見しました。それは膝カックンです。とても原理、感覚が似ています。あくまでも膝カックン=浮身ではないのですがあくまでもの話です。膝カックン、浮身との繋がりは聞いたことも見たこともないのであくまでも私の気づきからの発想です。間違っているかもしれません。でも現段階ではとてもわかりやすい例えが膝カックンだと思ってます。最近では他の先生の曖昧な表現、文書からも理解出来るようにな...

続きを読む

タントウ功どこに重心を落とす?

太気拳、意拳は親指母指球筋、身体構造上は内踝真下(民間療法の有名どころの先生は100%口を揃えて内踝真下と言っております)上記は大きく分ければ爪先重心か踵重心という事になります。また、上記を読めば民間療法の殆どの先生が内踝真下と主張しているのだからそこに決定!と思った方がいると思います(^-^)でもタントウ功は腕を前に出しループを作ります。腕は全体重の約6%が重さの目安になります。体重が60㎏の方は両腕で7,8㎏に...

続きを読む

歩き方

歩き方について大雑把な方法です!ほんと、大雑把なんですが以下の様になってしまいます。「地面を蹴らない!」「脚で踏ん張らない!」です。詳しいことをわかりやすく書けますが…いかに上記のような歩き方をしないか追究してみれは気付きがあるかもしれません。方法はどうであれ、「地面を蹴らない」「脚で踏ん張らない」歩く方が出来れば武術的な歩法になると思います。武術的といわなくても本来、身体の仕組みを使った歩き方に...

続きを読む

古伝空手合宿セミナーに参加して来ました

昨日、古伝空手のセミナーに行ってきました。毎年、行われているセミナーに部外者の私ですがご好意で毎回仲間に入れさせて貰ってます。かれこれ、7,8年になるでしょうか?門下生も年々増えて発展しているようです。先生自身、メディアの露出を遠慮している方なので流派名、お名前は伏せさせて頂きます。全く宣伝していないのに評判を読み、門下生を増やしているようです。セミナーの内容は古伝空手の型「砕破」を核に進められまし...

続きを読む

練習生の崩拳

[高画質で再生]練習生の崩拳[広告 ] VPS練習生の崩拳です。課題は脇の締めです。脇の締めは古伝空手と同じ要領です。この方は教えて2回目です。タントウ功で養った「上下争力を末端に伝える」を覚えるには最適な練習です。...

続きを読む

武術、秘伝の奥義や秘伝を盗むコツ!

最近、動画が充実していますのでDVD、youtubeなどの動画でコツを掴めます。しかし、達人ほど動きが線から点になっておりますので映像からは盗み難いと言えます。それは映像には殆ど分からないように身体操作しているからです。これは達人ほど顕著に表れます。達人と言えども最初は大きなモーションでしかもぎこちない動きだったはずです。それを弟子の前や映像に残せばバレてしまうので相当、練りこんでからのお披露目になります。...

続きを読む

外観から武道経験を観る

現代では当てはまらないかも知れません。空手家は拳タコ、剣道家は竹刀タコ、柔道家は餃子耳。タコと書いていたら「たこ八郎」の顔が浮かびました(^^)関係ないですね〜〜竹刀タコ、餃子耳は武道歴が長ければ現在でも推測出来ますね!餃子耳はレスリング、ブラジリアン柔術系も餃子耳ですね。合気系の方も推測出来ます。手首に毛が生えている方多いです。また、フルコンの方のスネ毛は伝統系と比べてけっこう、ボウボウです。また、...

続きを読む

プロフィール

スポーティング護身術 AXIS

Author:スポーティング護身術 AXIS
秋田市で武術の理合を活かした護身術を開いております。護身術だけでなく、身体の正しい使い方も学べ、現在、稽古しているスポーツ、武道にも応用出来ます。
私自身、元コテコテの猫背、ストレートネッグ、慢性肩凝り持ちでした。
とても力みやすい体質でした。
色々と長い時間をかけて改善を試みましたがどれも身につきませんでした。
その中で全てを解決してくれたのが武術の理でした。
通常、何十年も掛かる武術武道の秘伝を超短期間で教えます!

通常、歳をとるにつれて体力がなくなり、弱くなります。
だったら、走り込み、筋トレをしなければ強さは維持出来ません。

でも、それを継続するのは大変です。
ですが、武術は逆の発想で力を抜けば抜くほど技が掛かるようになります。
それだと非力な女性も出来るわけです。

カッコいい中年、年寄りとは、若い人に堂々と注意出来る!
内面からの強さだと思います。
そんな人をカッコいいと思います。
私と一緒に達人を目指しませんか!



代表者 藤原 猛

昭和43年生まれ

18歳の時、喧嘩に強くなりたくて当時本部直轄東北本部極真会館真壁道場に入門。
今思えばそうそうたる先生方、先輩、同期の仲間がいました。

約8年間修行する。帯は緑帯止まりの三級。喧嘩に強くなりたくて空手やっているのに型が嫌いで昇級、昇段に興味がなかったです。
地区大会に出るもスタミナ切れで大した上位にはあがれませんでした。2度出ましたがベスト4位だったと思います。


その後、ブランクが有りましたが極真のルールに疑問を持ち、当時、秋田同好会大道塾に入門。

四年で初段取得。約5年間修行する。東北大会ビジネスマンクラスに2回出場して2回共準優勝。これもスタミナ切れでした。ルール的には申し分なかったのですが試合後のオーバーワークに悩まされ、体力がなくては強くなれない!と思い、

偶然、太気拳のポスターを発見し入門。当時、体力のいらない=武術をリサーチしていて合気道に興味を持っており、合気道と太気拳を掛け持ちでやるつもりだったのですが当時の秋田支部長に止められ太気拳一本と決意!

約10年間修行する。そのうち、約3年間、秋田支部長として在任。太気拳四段

現在、太気拳を辞め、平成27年10月に護身武術AXISを立ち上げる。
AXISと言えば、「家庭教師かい!」と突っ込まれそうですが
AXISとは「軸」と言う意味。武術はもちろん、稽古以外の日常生活にも「軸」を持った生き方が反映出来る指導をしたいと思い、AXISと名称致しました。


気功にも精通しており、現在、気功ヒーリング治療ハートofヒーリング院長。
気功、整体、活法を基盤にした治療をしています。
ヒーラー養成、スワーハストレッチ代表。


ちなみに合気道は全く習ったことがありません。
古伝空手は年に数回、セミナーに参加している程度で専門に習ったことがありません。
ですが身体の使い方を知ってしまえば中国武術も日本武術も理は同じです。
効率良く身体を使おうとすれば全て使い方は同じです。


仕事は建築関係を経営しており生計を立てています。
治療院は仕事の合间に行っております。

もっとうは女性に優しく!男性には厳しく!!です 冗談です^_^

カテゴリ