FC2ブログ

記事一覧

相手を傷つけない護身術

以前も似たような記事を書いてます。 相手を傷つけない護身術がAXISの理想の護身術です。護身術をシュチュエーションすると、日々の日常で起こりうる争いとは?会社の同僚、酒癖の悪い上司が絡んで来た!単に酒の席で他人から絡まれる!友達との喧嘩!色々な立場での喧嘩の仲裁!子供が暴れる!などが考えられます。そんな時は愛情を持って抑止しなければなりません。そんな時、関節だと関節を止めた途端、背後から殴られる可能性...

続きを読む

いじめ護身術

AXISでは護身術に関してこの様に考えております。相手から襲われた時、相手に怪我をさせればこちらの責任になる。一発殴って相手の前歯が折れた!これだけでも慰謝料、治療費が結構かかると思われます。何故か?保険が効かないからです(^^)普通、護身術だと相手の急所を狙います。手首を握られた時、関節を掛けたりします。関節に移行できなければ当身(目突き、金的)を食らわして関節を掛けろ!と教わります。また、以前から言われ...

続きを読む

無重力の腕

技をかけるとき、腕を使います。力を入れると相手とぶつかりますし、脱力すればぶつからない代わりに相手の技が逆流してしまいます。古流柔術、剣術を学び始めて今までの稽古の意味、古の残した型、などが良く見えて来ました。やはり、全て繋がる見たいです。無重力の腕とは、筋力を使わず、脱力しっ放しでない腕のことです。無重力の腕という表現が正しいかわかりませんが言葉にすればやはり、無重力がわかりやすいと思います。ス...

続きを読む

3月26日(土)練習日記NO.26

本日はAさんとCくんとの練習でした。練習体系を試験的にやって見ました。内容は以下の通りです。AXISベーシックメソッド☆武術ストレッチ(武術身体を作るためのストレッチ、古伝の型を解凍し型に近い効果が期待出来ます)・腰3種、アレンジバージョン1種・腰痛予防2種、関連(股関節)・胸椎を柔らかくするストレッチ3種・頭蓋骨を柔らかくする(気功)・頚椎を柔らかくする(気功)、頚椎ストレッチ1種・胴体ストレッチ2種、股関節中心1...

続きを読む

3月24日(木)練習日記NO.25

本日はB君との練習でした。今回は格闘技経験豊富な方が体験にみえられました。武術と格闘技の違いについて体験の方に説明させて頂きました。後半では、名付けてX手(なんかイマイチなネーミングなので仮にします)を使ったデェフェンスをみっちり行いました。X手は何処の流派にもない受けだと思います。格闘技歴のないB君(私の所に来て約1年)がX手を使いこなしペイント有りのワンツーパンチはほぼ完璧に使いこなせるようになりました...

続きを読む

足裏を緩める感覚

古流柔術を習っていると身体の仕組みを使うことが完成されているなぁ〜とつくづく感じます。武術武道では「足裏感覚」とか良く出てくるフレーズです。足裏感覚は大雑把でなく囲碁の升目のように細かく感じれば良いといいます。世の達人はこの感覚が素人より断然細かく感じられるようです。膝を緩めろ!とか言われますが、膝を緩めろ!と言えば膝を単に前に移動する方がいます。古流柔術を習っていてわかったことですが膝を緩めるに...

続きを読む

身体の仕組みの使い方の話

スポーツ選手で一流の選手の一部で武術の極意的な身体の仕組みを使っている人がいたりします。中国の卓球選手の荘則棟です。元、世界チャンピオンです。荘氏が編み出したのが「加速制度」理論。これまでの卓球の常識ではフォロースルーの打ち方があたりまえ。体重移動しながら打つ、打ち方です。荘氏の理論は、体重移動してインパクトの瞬間に体を止めてから手首のスナップで玉を打つ方法でした。打撃格闘技でも体重移動して足を止...

続きを読む

3月13日(日)練習日記 NO.24

本日はAさん、B君、C君との練習でした。ストレッチ。立位前屈の練習方法を指導しました。最近、私が気付いた方法です。ハムストリングスは大腰筋と深く関連してますので前屈をもう少し柔らかくなるまで改善しましょう。私が普段行っているストレッチ法は全て教えていますのでちょくちょく自宅でも頑張りましょう。練習生の皆さんは私の体が柔らかくなっているのを目の当たりで確認出来ていると思います。動きも必ず変わりますので...

続きを読む

腕をどのくらい脱力すればいいか

腕には基本、全く力を使わない方が技が掛かります。相手の手の内で腕を宙に浮かす感覚。脱力、脱力と言えば、ぐにゃ〜となる人がいます。腕だけを脱力するのに体全体をぐにゃ〜とする方もいます。そして、姿勢が崩れます。体全体を脱力すれば立っていられずスライムみたいになってしまいます。最低限の骨格筋だけで姿勢を維持して他はダラァ〜がいいです。特に腕は相手を掴んでいるのならば極力、小さな力で辛うじて掴んでいられる...

続きを読む

3月12日(土曜日)護身術講習会のお知らせ

3月12日(土曜日)午後2時から護身術講習会を行います。講習内容はAXISの通常練習に参加して頂き後半は護身術講習会を行います。*巷の護身術は素人には使えない!*素人が簡単に身につけられて実際に使える護身法の獲得!*AXIS最大の特色、「相手を傷付けない護身術」の理論の説明と体験*ご希望ならば武術秘伝技の体験など。遊び感覚で体験して頂いても大歓迎です。勧誘など致しませんのでお気軽に参加して頂けましたら幸いです。...

続きを読む

プロフィール

スポーティング護身術 AXIS

Author:スポーティング護身術 AXIS
秋田市で武術の理合を活かした護身術を開いております。護身術だけでなく、身体の正しい使い方も学べ、現在、稽古しているスポーツ、武道にも応用出来ます。
私自身、元コテコテの猫背、ストレートネッグ、慢性肩凝り持ちでした。
とても力みやすい体質でした。
色々と長い時間をかけて改善を試みましたがどれも身につきませんでした。
その中で全てを解決してくれたのが武術の理でした。
通常、何十年も掛かる武術武道の秘伝を超短期間で教えます!

通常、歳をとるにつれて体力がなくなり、弱くなります。
だったら、走り込み、筋トレをしなければ強さは維持出来ません。

でも、それを継続するのは大変です。
ですが、武術は逆の発想で力を抜けば抜くほど技が掛かるようになります。
それだと非力な女性も出来るわけです。

カッコいい中年、年寄りとは、若い人に堂々と注意出来る!
内面からの強さだと思います。
そんな人をカッコいいと思います。
私と一緒に達人を目指しませんか!



代表者 藤原 猛

昭和43年生まれ

18歳の時、喧嘩に強くなりたくて当時本部直轄東北本部極真会館真壁道場に入門。
今思えばそうそうたる先生方、先輩、同期の仲間がいました。

約8年間修行する。帯は緑帯止まりの三級。喧嘩に強くなりたくて空手やっているのに型が嫌いで昇級、昇段に興味がなかったです。
地区大会に出るもスタミナ切れで大した上位にはあがれませんでした。2度出ましたがベスト4位だったと思います。


その後、ブランクが有りましたが極真のルールに疑問を持ち、当時、秋田同好会大道塾に入門。

四年で初段取得。約5年間修行する。東北大会ビジネスマンクラスに2回出場して2回共準優勝。これもスタミナ切れでした。ルール的には申し分なかったのですが試合後のオーバーワークに悩まされ、体力がなくては強くなれない!と思い、

偶然、太気拳のポスターを発見し入門。当時、体力のいらない=武術をリサーチしていて合気道に興味を持っており、合気道と太気拳を掛け持ちでやるつもりだったのですが当時の秋田支部長に止められ太気拳一本と決意!

約10年間修行する。そのうち、約3年間、秋田支部長として在任。太気拳四段

現在、太気拳を辞め、平成27年10月に護身武術AXISを立ち上げる。
AXISと言えば、「家庭教師かい!」と突っ込まれそうですが
AXISとは「軸」と言う意味。武術はもちろん、稽古以外の日常生活にも「軸」を持った生き方が反映出来る指導をしたいと思い、AXISと名称致しました。


気功にも精通しており、現在、気功ヒーリング治療ハートofヒーリング院長。
気功、整体、活法を基盤にした治療をしています。
ヒーラー養成、スワーハストレッチ代表。


ちなみに合気道は全く習ったことがありません。
古伝空手は年に数回、セミナーに参加している程度で専門に習ったことがありません。
ですが身体の使い方を知ってしまえば中国武術も日本武術も理は同じです。
効率良く身体を使おうとすれば全て使い方は同じです。


仕事は建築関係を経営しており生計を立てています。
治療院は仕事の合间に行っております。

もっとうは女性に優しく!男性には厳しく!!です 冗談です^_^

カテゴリ