FC2ブログ

記事一覧

今年は有難うございました

今年は色々、有りました。まさか、独立して新たな会派を立ち上げることになるとは不思議に感じてなりません。今年を振り返り、私に取って1番の功労者は誰かと考えれば私について来てくれた現在2名の練習生です。彼らがついて来てくれたお陰でほぼ、AXISの体系が固まりました。前々からある程度、自分の思い描く武術がありました。でも、これだけは実際に練習生に教えながら試して行かなければ確率しなかったでしょう。彼らには私の...

続きを読む

緊張している身体を認知する

AXISで身体の力をの抜くには拘っています。ですが少し勘違いされればまずいと思い脱力について書こうと思います。色々ありますが脱力に特化したスワイショウを行えば脱力出来ます。それは副交換神経にかなり傾きリラックスした状態。多分、脳波はβ波からα波まで以降していると思います。それはとても気持ち良く辞めたくなくなりずっとやっていたい衝動に駆られます。それはそれでいいのですが身体が緩んだら武術ではそれ以上やる必...

続きを読む

代表者のプロフィール

代表者 藤原 猛昭和43年生まれ18歳の時、喧嘩に強くなりたくて当時本部直轄東北本部極真会館真壁道場に入門。今思えばそうそうたる先生方、先輩、同期の仲間がいました。約8年間修行する。帯は緑帯止まりの三級。喧嘩に強くなりたくて空手やっているのに型が嫌いで昇級、昇段に興味がなかったです。地区大会に出るもスタミナ切れで大した上位にはあがれませんでした。2度出ましたがベスト4位だったと思います。その後、ブランクが...

続きを読む

12月27日(日)の練習NO14

本日はB君と練習しました。たてのスワイショウのチェック。肩甲骨に癒着している筋を取るにはスワイショウの腕を最初だけ意図的に誘導することも大事だと伝えました。これにより、施術でも相当腕利きの手技でなければ取れない癒着もスワイショウを少し長めにするだけで取れます。横のスワイショウの超高速バージョンも練習しました。上手くいけば自分の手で当たった身体が相当痛くなります。それを相手に放り投げれば武術になりま...

続きを読む

空手上達法 1 稽古前の心構え

空手上達法は主にフルコン空手系に関してです。シンプルですが効果的な方法をシリーズ化して書いて行こうと思います。この方法は武術観点からはそぐわない方法もありますのであくまでも競技、スポーツ観点から書こうと思います。私自身、極真8年、大道塾5年の経験を思い出しながら書こうと思います。稽古前の心構えについて稽古前の内臓☆稽古前の心構えについて☆ストレッチは軽い筋トレ軽いシャドーの後に浅めにやる道場に入ってい...

続きを読む

プチセミナー開催告知

1月8日(土)護身武術AXISでプチセミナーを行います。代表藤原が突然思い立ったセミナーです。AXISのアクセス解析を見ると誰も見てない人気のないブログです。ですがその中でも読んで下さって少しでも興味がありましたらセミナーに参加して下されば大歓迎致します。セミナー内容はAXISの練習を体験して頂きます。そして、セミナーの特典として武術の達人が行う技の一つをお教え致します。達人の技は誰にでも出来る物ではありません。...

続きを読む

12月19日(土)練習NO13

本日はAさん、Bくんとの練習です。腰痛用のアイソレーションストレッチ。Aさん用に整体では少し知られている、腰痛ストレッチをしました。このストレッチは今日伝えた要点を守らなければかえって悪化させる可能性があるので要点は守って下さい。極度のギックリ腰には効かないですが少しくらいのギックリ腰だとこのストレッチだけで治ってしまうものです。改善率、90%との噂もあるくらいです。また、腰痛予防にもなりますので毎日、...

続きを読む

崩しが使えるまで

「崩し」と「捌き」は違います。捌きは攻撃して来る相手の突き、蹴りなどを受けてから当身をして相手の体勢を崩します。私の言う崩せるとは相手に触るだけで相手が腰から崩れ落ちるのが「崩し」です。崩しついては相手の質量が大きければ崩し難くなるか全く崩せないパターンになりがちです。ということは相手が100キロ級だと質量の他に筋力の運動エネルギーだけで全く崩せないでしょう。それには確固たる正中線!だけどバネのよう...

続きを読む

12月13日(日)練習NO.12

今日はB君との練習です。ストレッチは省略して、スワイショウのチェック。正しく脱力していれば相手がスワイショウ中に腕を抑えようとすると相手の力が通らずそのまま引っ張られます。そのチェックです。こちらがあまり力を入れないで抑えようとすると少し引っ張られました。ただ、スワイショウをしている腕を意識してないのでそれは出来ていましたね。タントウ功はいつもの練習を行いました。次は中国拳法の鍛錬法である"這"につ...

続きを読む

スワイショウのいい感じになった目安

AXISの2代柱の一つ、スワイショウ!スワイショウが出来上がった自己判断の方法は練習生に伝えています。もう一つ決定的に出来上がった目安があります。それは「もう腕を上げたくない!使いたくない!」感覚です。こんな状態で護身になるの?と思うかもしれませんね。でも武術には腕を使う意識はいらないんですね。腕を使う意識がないのであれば自ずと中心を使うことになるからです。それをわかってもやめられないのが普通かと思い...

続きを読む

プロフィール

スポーティング護身術 AXIS

Author:スポーティング護身術 AXIS
秋田市で武術の理合を活かした護身術を開いております。護身術だけでなく、身体の正しい使い方も学べ、現在、稽古しているスポーツ、武道にも応用出来ます。
私自身、元コテコテの猫背、ストレートネッグ、慢性肩凝り持ちでした。
とても力みやすい体質でした。
色々と長い時間をかけて改善を試みましたがどれも身につきませんでした。
その中で全てを解決してくれたのが武術の理でした。
通常、何十年も掛かる武術武道の秘伝を超短期間で教えます!

通常、歳をとるにつれて体力がなくなり、弱くなります。
だったら、走り込み、筋トレをしなければ強さは維持出来ません。

でも、それを継続するのは大変です。
ですが、武術は逆の発想で力を抜けば抜くほど技が掛かるようになります。
それだと非力な女性も出来るわけです。

カッコいい中年、年寄りとは、若い人に堂々と注意出来る!
内面からの強さだと思います。
そんな人をカッコいいと思います。
私と一緒に達人を目指しませんか!



代表者 藤原 猛

昭和43年生まれ

18歳の時、喧嘩に強くなりたくて当時本部直轄東北本部極真会館真壁道場に入門。
今思えばそうそうたる先生方、先輩、同期の仲間がいました。

約8年間修行する。帯は緑帯止まりの三級。喧嘩に強くなりたくて空手やっているのに型が嫌いで昇級、昇段に興味がなかったです。
地区大会に出るもスタミナ切れで大した上位にはあがれませんでした。2度出ましたがベスト4位だったと思います。


その後、ブランクが有りましたが極真のルールに疑問を持ち、当時、秋田同好会大道塾に入門。

四年で初段取得。約5年間修行する。東北大会ビジネスマンクラスに2回出場して2回共準優勝。これもスタミナ切れでした。ルール的には申し分なかったのですが試合後のオーバーワークに悩まされ、体力がなくては強くなれない!と思い、

偶然、太気拳のポスターを発見し入門。当時、体力のいらない=武術をリサーチしていて合気道に興味を持っており、合気道と太気拳を掛け持ちでやるつもりだったのですが当時の秋田支部長に止められ太気拳一本と決意!

約10年間修行する。そのうち、約3年間、秋田支部長として在任。太気拳四段

現在、太気拳を辞め、平成27年10月に護身武術AXISを立ち上げる。
AXISと言えば、「家庭教師かい!」と突っ込まれそうですが
AXISとは「軸」と言う意味。武術はもちろん、稽古以外の日常生活にも「軸」を持った生き方が反映出来る指導をしたいと思い、AXISと名称致しました。


気功にも精通しており、現在、気功ヒーリング治療ハートofヒーリング院長。
気功、整体、活法を基盤にした治療をしています。
ヒーラー養成、スワーハストレッチ代表。


ちなみに合気道は全く習ったことがありません。
古伝空手は年に数回、セミナーに参加している程度で専門に習ったことがありません。
ですが身体の使い方を知ってしまえば中国武術も日本武術も理は同じです。
効率良く身体を使おうとすれば全て使い方は同じです。


仕事は建築関係を経営しており生計を立てています。
治療院は仕事の合间に行っております。

もっとうは女性に優しく!男性には厳しく!!です 冗談です^_^

カテゴリ